忍者ブログ
ポケットカレンダー、カードカレンダーを収集しています。 - My pocket calendar collection -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


夏真っ盛りの中、近場ですがプチひとり旅をしてきました。


JR静岡駅に降り立ち、
レトロな装いの「駿府浪漫バス」に乗って
駿府城公園のお堀をぐるっとひと廻りした後、

まずは静岡浅間神社に到着。





煌びやかな楼門、細工にもうっとり!




境内にある静岡市文化財資料館では、
2016年8月31日まで
ミニ企画展「『暮しの手帖』と昭和のくらし」が

開催されています。

雑誌「暮しの手帖」の誌面を紐解き、

その理念が分かり易く展示されていました。

昔のバックナンバーを実際に手に取って
じっくりと読むこともできます。
私は、自分の生まれた年のものを鑑賞させてもらいました。



また、境内の休憩所では、
静岡ご当地グルメ「静岡おでん」がいただけます。
ひと串100円。美味しかった~!






静岡駅に戻って、お次は駅からすぐの静岡市美術館へ。
2016年8月28日まで、
「エッシャーの世界」展が開催されています。

大好きなエッシャー!
有名な作品の数々を間近で鑑賞することができ大興奮です。


こちらは、撮影可だった巨大タペストリーの「滝」です。




こちらは、ミュージアムショップで購入したエッシャーのしおり。
「昼と夜」のものです。




ここで私、静岡市美術館のワークショップに参加してしまいました。

エッシャーの作品にも取り入れられているメビウスの輪を作成して、
しおりやブローチを作ろう!という内容です。

ええ、ええ、しおりコレクターたるもの「しおりを作ろう!」と
言われては決して素通りできません。。。

小学生の集団に紛れ込んで(笑)
がんばって作ったしおりがこちらです。

なかなか格好いいでしょ?
(左側は美術展チケットの半券です。)



それにしても、
参加者の平均年齢をぐぐっと上げてしまってすみませんでしたっっ(^^;)


でも、懇切丁寧に教えていただき、
何かを作るのって楽しいなぁと改めて実感です。
(私の場合は特にしおりに突出してますが(笑))


以上で、静岡ぷち旅もお終いです。
涼しくなったらまたどこかへ行きたいな♪

PR

何故だか突然一人旅がしたくなり、
急遽お出かけしてまいりました。

一人旅と言うにはおこがましい程の
県内の超近場ではあるけれど、
どこも初めて訪れる場所なのでとっても新鮮!

ほんのちょびっとですが「しおり」も手に入り、
充実したプチ旅となりました。



まずはJR金谷駅で降り、
大井川鐵道に乗り換えて新金谷駅まで向かいます。

鉄分(鉄道ファン)は全くと言っていいほど無い筈の私ですが、
初めて乗る鉄道にはひとりドキドキ…


 


趣のあるレトロな新金谷駅 駅舎。



大井川鐵道と言えば、何と言ってもSL!

新金谷駅で、生まれて初めて本物のSLと間近に接することができ、
そのたたずまいと迫力に涙が出そうな程感動しました。

格好いい~~!!



思う存分SLの写真と動画を撮りまくった後は、
新金谷駅構内にある、お洒落なカフェでひとりごはん。

新金谷駅限定で、SLのイラストをかたどった
「SLラテ」がいただけるところです。



わ~、素敵!飲みたい!

が、、、
半年ほど前から、カフェインを摂取すると体調を崩すという
ナゾの体になってしまった私は
泣く泣くオレンジジュースを注文しました。嗚呼…。



新金谷駅構内ではこんな貼り紙が…
「ちょっと待って!!お持ちの乗車券 しおり にしてみませんか」



なんて私好みな企画!(笑)

ものすご~く心が揺れましたが、
時間の都合により大井川鐵道をあとにしました。



お次は、大井川を渡って島田市博物館へと向かいます。

が、1時間に1本しかないバスを目の前で乗り逃がしてしまい…
新金谷駅からタクシーを拾って無事島田市博物館に到着。


館内に入ってすぐに気がついたのがこちら。
「チケットがしおりになります。お好みのリボンを1本どうぞ!」
 


もちろん大喜びでやりましたとも!(笑)
チケットの裏面には、備え付けのスタンプを押すこともできます。


島田市博物館では、現在、
収蔵品展「明日がある ~五感でふりかえる昭和展~」
を 2016年7月10日まで開催しています。

昭和30年代から50年代の、
活気溢れたあの時代の家電や日用品、おもちゃなどが勢揃い!

島田市博物館本館では、
テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった「三種の神器」から、
ウルトラマンのソフビ人形までありとても楽しい展示でした。

 


更には、島田市博物館の分館はもっと凄い!

1軒の古民家全体が、かまどが鎮座する土間の台所から、
一家団欒の居間に応接間、蚊帳の吊るされた寝間、子ども部屋までと、
全ての部屋に昭和の調度品をしつらえてあり、
靴を脱いで家にあがりこみ、ゆったりと鑑賞することができ
とても素晴らしかったです。

ああ、これは昔うちにあった洋服ダンスとそっくり!
この手回しミシンは昔祖母宅にもあった~!
なんて思わずはしゃいでしまいます。



博物館の売店ではこんなしおりを発見。
次に向かう目的地、蓬莱橋が描かれたしおりです。





島田駅から歩くこと20分、
全長897.4m「世界一長い木造歩道橋」としてギネスブックにも
認定されている蓬莱橋に到着です。



「強風につき通行注意」と赤字でデカデカと書かれた看板を横目に、
渡り出しましたが…

見ての通り、高所なのに欄干はとても低くてこれは怖い…

高みから見下ろす大井川に、広大な景色、
開放感が溢れすぎててとても気持ちが良かったのですが、

あまりの強風に吹き飛ばされそうだったので
早々に退散してしまいました(笑)



以上で、久々すぎるプチ一人旅もお終いです。

またいろいろなところへ行けたらいいなぁ。
今度はもっと遠くへ!


久々のしおり記事です。
久々どころか、
6年半ぶりの「しおりの旅」でもあります。


この度、勤め先の社員旅行で京都へ
行ってまいりました!

なんと言っても社員旅行であるので、
しおりを求めて一人奔走する訳にもいかず、
周囲に隠れてひっそりと、
でも嬉々として栞を集めてきました~。


1日目は、団体行動のみで
あえなく栞は全敗…。

一次会の宴会に続いて、
夜の京都へと繰り出しての二次会へも出席し、
さらにはホテルに戻って深夜まで
お喋りしてから就寝…。

とても長い一日でした。。


2日目は、完全自由行動となっており、
仲良しの女性社員4人と京都・嵐山を散策
してきました!

まずは、竹林の小路を通って野宮神社を参拝、
天龍寺では庭園を散策し、
圧巻の加山又造筆の天井の龍画に感嘆した後は、
渡月橋目指して川沿いの土産物店に
立ち寄りました。

 ★竹林の道
 
 
 ★天龍寺の庭園(紅葉はまだ先です)
 

 ★天龍寺境内で購入した竹のしおり
 

  京都はどこでも竹のしおりが売られていますが、
  こちらは、裏面に「大本山 天龍寺」の銘が
  入ったオリジナル品のようです。

  天龍寺の庫裏にある、つい立のだるまの絵柄です。
  他にも数種類の絵柄あり。


 ★しおりセット 京の世界遺産、わらべ、源氏物語
 
   

  こちらはいろいろなところで販売されていました。
  現行の京都の観光地しおりと言えば
  このシリーズになるようですね。


 ★竹しおりとショップしおり
 

  レジ前に「ご自由にどうぞ」と置かれていた、
  ショップカードならぬ、ショップしおりです。
  何て粋なことを…!!
  ありがたや…。

  もちろん一枚いただいて、「嵯峨嵐山」と
  書かれた、竹林の道を舞妓さんが歩く絵柄の
  竹しおりを購入しました。



道中、何気ないふりして土産物店の軒先をチェックし、
しおりがあればささっと会計を済ませ、
みんなの足取りをそう乱すことも無く(たぶん…)
これだけのしおりを購入できたのは
我ながらよくがんばった!!!(笑)
(自画自賛してすみません…)


そして、この旅いちばんの狂喜したしおりと言えば、
こちら…!

土産物店の軒先に置かれていた、
おみくじ付きしおり!!

 ★金らん織しおり おみくじ 
 
 
  色鮮やかな栞とおみくじが同封されて
  1枚たったの100円…!
  お金は隣の箱に自分で投入する販売方式です。

   
 
  喜び勇んで3枚を購入。
  それぞれ、大吉・中吉・小吉と出ました。



以上で、「京都しおりの旅2014」もお終いです。
社員旅行でありながらも、
私の心の中では立派に「しおりの旅」でもありました。

勤務地がそれぞれ違うので、
普段はなかなか話すことができない女性社員らと
心ゆくまでお喋りしながらの
とても楽しい旅でした。

しおり的にも、
大満足で思い残すことはありません!(笑)


HOME |
プロフィール
HN:
彼方
性別:
非公開
自己紹介:
生粋のコレクター。
ミニカレンダーと栞を
収集しています。
ミニカレのコレクション数は、
おおよそ8100種。
最新コメント
[09/04 彼方]
[08/28 らばそるみ]
[08/17 彼方]
[08/08 らばそるみ]
[04/29 彼方]
ブログ内検索
Flag counter
Flag Counter
忍者ブログ [PR]